引っ越し業者は見積りを必ずしましょう

大阪府内から同府内に引っ越しを3回ほど経験した体験にもとづいてお話させていただきたいと思います。

1回目の引っ越しの時はお金をあまりかけずにしようと思っていましたので、引越し料金を重視して業者を決めたのですが、それが失敗でした。格安の引っ越し業者というのはフリータイムという時間帯で、いわば引っ越しと次の便の間の空き時間や当初の予定が全て終わった夜遅くにやってくる時間帯を特に説明もなくすすめてきます。

この時間帯は引っ越し業者側からすると一日の作業件数を増やすにはよいので料金が格安の引っ越し業者は必ず取り扱っています。

ただ、このフリータイムは他の作業が終わった後に来るため、1回目の引っ越しの時には夜22時になってもこなかったのです。あまりに遅く引っ越し業者にいつくるのかと確認の連絡を入れても「フリータイムなので、まだ前の作業が終わっていないので終わり次第伺います。」と言われる始末でした。結局、引っ越し業者に苦情を伝えてキャンセルし、自分の車を使って何往復かして荷物を運ぶはめになりました。

2回目の引っ越しの時には1回目の教訓をいかし、作業の時間を午前中にしてもらうことにしました。ただ、この場合どうしても引越し料金がやや高めになります。ですが、引っ越し業者ごとに見積り依頼を行い、そのなかで引越し料金が一番安くして頂けるところにお願いしました。結果、2回目の時は気分よく、スムーズに終えることができました。

3回目の引っ越しも同じようにいくつかの業者に見積りをしていただいたのですが、この時は同じ市内での転居になったので、赤帽という配達業者にも見積りをしてもらうことにしたのです。

赤帽さんは1回の移動で1万円なのですが、2トントラックに積めるだけ積んでの移動なので、2回配達してもらえば済むくらいの荷物だったので、こちらと他の引っ越し業者とで料金を比較をすることにしました。引っ越し業者の方にも赤帽さんの見積りを伝えると、到着時間が調整になりますが、エアコンの取り外し、取り付け費用を合わせても割安の引越し料金で対応してもらえることになったので、大手の引っ越し業者さんでしたが、お願いしました。

夕方にはなりましたが、夜までには全て終えることができましたので、3回目の引っ越しも気分よく終えることができました。

3回の経験で覚えたことは、時間帯が午前中に引っ越しをすると気分よく終えることができますが、少し引越し料金がかかります。業者は必ず比較しましょう。格安の業者には少し気を付けましょう。

ただ単に値段を下げただけの格安引越し料金だとサービスの質が悪く、依頼しても後悔する可能性が高いです。安いのにはそれなりの理由があります。

正しい方法でコストダウンした結果の格安料金であれば引越しを依頼する価値があると言えます。

関連キーワード:引越し料金

引越し料金についてもっと詳しく知りたいなら上記リンクをクリックしてください。引越し料金ってどうやって計算されるのか、業者との値引き交渉のやり方。

引っ越しするのに安い日や高い日など、引っ越し料金に関するあらゆる情報を扱っている引っ越し情報サイトです。

安い日に引っ越しするだけで3倍近くも安い料金で契約できる場合があるとすれば、誰でもちょっとは努力して情報収集しようとしますよね。

引っ越しの時って何かと物入りだし、格安料金でできたならソファーをワンランク上の物にできるかもしれませんし、カーペットを新調できるかもしれません。

せっかく新しいお部屋で新生活を始めるのですから、できればお部屋の雰囲気に合った綺麗な物に囲まれたいですよね。

その為には効率的な値引き交渉でできるだけ安い引越し料金を引き出すことが大切です。

引越し料金って本当にちょっとしたことで大きく値引きされることがあるので、知っておいて損はない情報ばかりだと思いますよ。

料金比較に良い方法やトラブルを防ぐための方法も掲載しているので、引っ越しが決まったら業者を呼ぶ前に一度は読んでおきましょう。