インプラントの手術って痛みはあるの

インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根部からほぼ元通りになる人工歯づくりを指します。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクはあります。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。